^

Posted date:2015.05.10

【PR】『康熙奉講演録-朝鮮王朝で一番知りたい話』【電子書籍】

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket


各地のカルチャーセンターで好評を博している康熙奉(カン・ヒボン)の歴史講座。その中から朝鮮王朝時代を取り上げた興味深い講演を収録。人気ドラマ『トンイ』『イ・サン』なとで描かれた物語は史実とどう違うのか……。時代背景をわかりやすく解説していますので、朝鮮王朝の歴史に詳しくなくても、すんなりと理解できます。韓国時代劇をもっと面白く見るためにもぜひ一読下さい。

康熙奉(カン・ヒボン)


●プロフィール
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。朝鮮王朝の読み物シリーズの第一人者。主な著書は、「韓国ふるさと街道をゆく」「済州島」「知れば知るほど面白い朝鮮国王 宿命の系譜」「徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか」など。電子書籍版では「ここまで知りたい!朝鮮王朝」(監修)などがある。

講演録

 

著者・康熙奉インタビュー

 

本書の特徴は?

 

「電子書籍で朝鮮王朝の様々な歴史を取り上げたら面白いはずだ、というところから企画されました。確かに、朝鮮王朝の歴史は興味深いですからね。調べれば調べるほどビックリするような史実がたくさん出てきます。そうして得た知識を私はさまざまな場でしゃべってきました。本書はそんな講演での話をまとめたものです」

 

講演内容との違いはありますか?

 

「本来の講演では、変に笑いを取ろうとして、話が脱線することが多いのですが、本書では朝鮮王朝の歴史がわかりやすく伝わるようにコンパクトに整理してみました。さらに、朝鮮王朝の歴史の中でも特に面白い部分について語ったものを集めましたので、韓国の歴史が知りたい人にとって興味深い内容になっていると思います。また、文体が“ですます調”になっていますので、文章がわかりやすいのではないでしょうか」

 

具体的にどんなことが書かれているのでしょうか?

 

「まずは朝鮮王朝の全体の歴史を順番に説明しています。いわば概説ですね。ここで、朝鮮王朝には一体どんな歴史があったのか、を把握できます。なにしろ、518年間も続いて王朝ですからね。まるでドラマを見るかのように壮大な歴史が語られていきます。続いて、“朝鮮王朝の三大悪女”や、ドラマによく出てくる有名な人物たちについて詳しく触れています。おそらく、“目からウロコ”の新しい事実に読者の方々もビックリすることでしょう。さらには、韓国時代劇が面白い秘訣についても語っていますので、“なるほど”と思える部分が多いのではないですか」

 

韓国時代劇が好きな人にも向いているのですね?

 

「ええ、向いています。なぜなら、張禧嬪(チャン・ヒビン)、トンイ、イ・サン、光海君(クァンヘグン)といったドラマの主役たちが次々に出てきます。しかも、この主役たちの実像がドラマとはまったく違うということがわかってきます。それはとても興味深いことばかりです。ぜひ本書で歴史上の有名な人たちの本当の素顔に迫ってみてください。そうすれば、さらにドラマを面白く見られるでしょう」

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket


お名前 ※
フリガナ ※
電話番号
メールアドレス ※
お問い合わせ内容 ※



Copyright © Pitch communications Ltd. All Rights Reserved,
当サイトに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載 をお断りします。