^

Posted date:2015.06.15

【ソウルのパワスポ④】仕事運が上がる景福宮

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket


今や身近な海外旅行としてすっかり御馴染みの韓国・ソウル。グルメにショッピングと、楽しみも盛りだくさんですが、たまには一味違ったソウル観光はいかがですか。オススメするのは、開運ソウルツアー。韓流パワースポットで心もからだも元気になろう!!

景福宮

北岳山からの気が流れ込む地

朝鮮歴代の王が宮殿を置いた絶対風水のチカラ!

 韓国でもっともポピュラーな観光地と言えば、景福宮(キョンボククン)を挙げる人が多いはず。歴代の王が住んでいた宮殿というだけあって、そのパワスポ的な要素も群を抜いて高い。背後にそびえる北岳山(プクアクサン)から絶妙な気が流れていて、安定と繁栄を支えていると言われている。

 景福宮の中には慶会楼、慈慶殿、風旗台、行閣、敬天寺跡十重石塔など、数多くの国宝、宝物級遺産が数多く点在している。その中でもパワスポとして名高いのが勤政殿一帯だ。光化門をくぐり、しばらく歩を進めると一番最初に見える大きな建造物がそれだ。

 この勤政殿にいたる道の途中に、なにやら石碑が並んでいるのを確認できる。その中に“正一品”と書いた石碑(少々、字が欠けていて見づらい)があるのだが、それに触った後に勤政殿の階段を登れば運気が上昇すると言われている。

 もともと、勤政殿は臣下が王に礼をささげたり、外国の使節をもてなすのに使われていたという記録が残っている。いわば国家の公式な政や行事が行われ場所だった。仕事に関連しては中心地といえるだろう。また‘正一品’というのは王朝時代にはもっとも位の高い官吏の称号であった。この地位に登りつめるためには、よほどの力と運、がなければならなかったはずだ。

 というわけで、こちらの勤政殿一帯は仕事に関してとてもよい運気が流れているパワスポと言える。観光で景福殿を訪れた際は、仕事運上昇の願いを込めて勤政殿のパワーを思いっきりいただいてしまおう!

【データ】

ソウル特別市 鍾路区 世宗路 1-56。地下鉄3号線の景福宮駅5番出口を出てすぐ。開放時間は9時から18時で(11月から2月は17時まで)。休日は火曜日。入場料は3000ウォン。日本語の無料解説サービス時間は10時、12時、14時30分の3回。

取材・文/河 鐘基

【関連記事】

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket


お名前 ※
フリガナ ※
電話番号
メールアドレス ※
お問い合わせ内容 ※



Copyright © Pitch communications Ltd. All Rights Reserved,
当サイトに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載 をお断りします。