^

Posted date:2015.06.17

【セルフパブリッシング】米専門家「90%以上の若者が、いつか本を書きたいと考えている」

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket


米専門家「90%以上の若者が、いつか本を書きたいと考えている」という発言に、米最大級の電子書籍カンファレンス会場からは冷たい反応。電子書籍、セルフパブリッシング文化の拡大で、ユニバーサル・オーサーシップ(全員作家)時代は到来するのでしょうか?

bandicam 2015-06-17 15-26-35-549

image by Jane Friedman’s blog

 

米国で活躍するデジタルメディアのエキスパートで、著名な電子出版啓蒙家でもあるジェーン・フリードマン(Jane Friedman)さんは、「古い世代の冷笑が、書籍執筆の夢を取り巻いている」と題した自身のブログに、電子書籍カンファレンス「Digital Book 2015」で体験したエピソードを綴っています。

 

ジェーン・フリードマンさんのブログによれば、有名ゲームデザインナーであるジェーン・マクゴニガル(Jane McGonigal)さんがイベントに登壇し、とあるアンケート結果について発表したところ世代間のズレを感じるような反応があったそうです。

 

ちなみに、ジェーン・マクゴニガルさんは、「ゲームで築くより良い世界」というテーマで、アイデアプレゼンイベント「TED」にも登壇したことがある人物。

 

 

さて、ジェーン・マクゴニガルさんは何を話したのか。それは、以下のような話でした。

 

「90%以上の若者が、いつか本を書きたいと考えている」

 

この言葉に、現場にいた多くの人々(ブログ内では年配の方というニュアンス)が、嘲笑を投げかけたそうです。ジェーン・フリードマンさんがその時の様子をツイートすると、およそ「字や文法もまともに分からない若者が、本を書くなんて!」というような、皮肉が返ってきたとも言います。

 

そのエピソードについて触れた、ジェーン・フリードマンさんはジェーン・マクゴニガルさんの真意を補足。ブログ内に、次のように書いています。

 

「彼女(ジェーン・マクゴニガルさん)は、若者が受動的な消費に興味がなく、誰かと繋がったり、反応したり、何かを作りだしたいと望んでいることを強調したかったのでは」

 

また、ジェーン・フリードマンさんは、自作の小説などを公開するサービス「Wattpad」の利用者が4000万人を超えたこと、2009年にニューヨーク大学の心理学者デニス・G・ペリが発表した研究論文を引き合いに出しながら、若者の書籍執筆文化について論じています。そして、最後にこう付けくわえています。

 

「ユニバーサル・オーサーシップ(Universal Authorship=全員作家)時代の到来はもはやとめられないでしょう」

 

これは、アメリカの電子書籍業界、また若者世代の本文化を取り巻いて起きている一幕ですが……

 

今後は日本でも同じような論争が起きるのではないでしょうか。SNSや電子書籍が広く普及をはじめた昨今、何かまとまった作品を書くという文化の敷居はぐっと下がっています。そのような環境の中で、若者の中から本を書きたい、それを誰かに見せたい、共有したいという想いが大きくなったとしても不思議ではありません。むしろ、年齢など問わず、すべての世代において、本を書きたいという意識の変化が起こっているはずです。

 

著者自身は、このエピソードを読みながら、“本を書く技術”と“本を書きたいという欲望”は、別のところにあるのではと感じました。

 

歴史的に見た時、本は、写経、活版印刷、電子書籍(もしくはウェブメディア)と変遷する過程で、製本、流通コストが削減され続けています。そのため、そこに関わる人々や、書き手、読み手の裾野も必然的に広がり続けています。

 

歴史が逆行することがない限り、ジェーン・フリードマンさんが指摘したようなユニバーサル・オーサーシップ(全員作家)時代は、いずれ間違いなく到来するのではないはず。

 

大手出版社が担う電子書籍市場にも注目したいですが、全員作家時代のセルフパブリッシング文化が、市場にどうインパクトを与えるかも見逃せなくなりそうです。

 

※「Digital Book 2015」は、国際デジタル出版フォーラム(IDPF:International Digital Publishing Forum)が主催するイベント。IDPFは、電子書籍の標準化を進めている団体。

 

参考:janefriedman.com

(取材・文 河 鐘基)

 

【関連記事】

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket


お名前 ※
フリガナ ※
電話番号
メールアドレス ※
お問い合わせ内容 ※



Copyright © Pitch communications Ltd. All Rights Reserved,
当サイトに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載 をお断りします。