^

Posted date:2015.06.30

【ニュース】日本の電子書籍市場規模がついに“1000億円”を突破

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket


電子書籍に関する最新動向をお届けします。インプレス総合研究所の『電子書籍ビジネス調査報告書2015』(7月30日発行)によると、日本の電子書籍市場規模が1266億円に拡大しました。市場拡大の要因は、①スマホやタブレットユーザーの増加、②テレビCMなどの広告宣伝、③電子書籍ストアや出版社によるキャンペーンの拡大などと分析されています。

4857693316_36769ab42c_b ©Pen Waggener

 市場調査を行なうインプレス総合研究所の『電子書籍ビジネス調査報告書2015』によると、日本の2014年度の電子書籍市場規模は、前年比35.3%増の1266億円。「近いうちに1000億円市場になる」と予測されていた電子書籍市場は、名実ともに“1000億円市場”となりました。

 電子書籍市場の成長は、2012年から2013年が28.3%増、そして2013年から2014年は35.3%増ということで、ますます加速していることがわかります。同研究所の調査結果によると、①スマホやタブレットユーザーの増加②テレビCMなどの広告宣伝③電子書籍ストアや出版社によるキャンペーンの拡大などが成長の要因とのこと。ジャンル別には電子コミックが市場を牽引しているそうです。

 今後の見通しも明るい。電子書籍市場は2015年以降も拡大基調で、2019年には2890億円になると予測されています。スマホやタブレットユーザーというインフラが整い、広告宣伝によって認知度が上がっていくことで、電子書籍ストアなどのキャンペーンもますます盛り上がりを見せていくことでしょう。

 また、インプレス総合研究所は今後の電子書籍市場成長の根拠の一つとして、セルフパブリッシングの拡大を挙げています。最近、アマゾンの電子書籍ストア「Kindle」に続いて、アップルの「iBooks」でも予約注文(完成原稿や表紙がない段階でも注文を受け付けるサービス)が開始されるとの報道がありましたが、電子書籍のセルフパブリッシングはさらに身近なものになりそうです。

 電子書籍市場が拡大を見せているのは、世界的な趨勢でもあります。

 例えば、フランス。同国の出版社団体が発表したレポートによると、フランスの電子書籍市場は前年比53.3%増と拡大しており、-1.3%とマイナス成長の書籍市場とは対照的です。フランス電子書籍の市場規模は約1.61億ユーロで、約220億円。この数字にはセルフパブリッシング作家の売上などは含まれていないので、実際の規模はもう少し大きいと言えるでしょう。ちなみに、フランス書籍市場における電子書籍市場の占有率も6.4%に上昇。日本が4~5%と言われているので、占有率ではフランスがリードしていることになります。

 成長し続ける世界の電子書籍市場。「小説等の文字ものの分野においても、著名な作家の電子化作品が増加する」(『電子書籍ビジネス調査報告書2015』)との予想もあるように、市場拡大にともなって、コンテンツも充実していくことでしょう。

 

【関連記事】

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket


お名前 ※
フリガナ ※
電話番号
メールアドレス ※
お問い合わせ内容 ※



Copyright © Pitch communications Ltd. All Rights Reserved,
当サイトに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載 をお断りします。