^

Posted date:2015.07.23

【韓国語】韓国の流行語をチェックその②~멘붕など~【翻訳】

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket


翻訳業務をしながら気になった、韓国でよく使われる言葉や流行語を、メモ代わりに少しずつ翻訳・書きためて行きたいと思います!第2回目

韓国語翻訳イメージ

©KIHONG KIM

 

第1回に引き続き、翻訳業務をしながら気になった、よく使われる韓国語や流行語をチェックしたいと思います!

 

 맛집(マッチプ)

グルメ、おいしいお店などの意。検索サイトでは서울(ソウル)맛집、강님(江南)맛집のような地名や、감자탕(カムジャタン)맛집みたいに、料理名とセットで調べると便利です。

 

모음(モウム)

集めたものの意。ネットでは日本語で言う「まとめ」みたいな使われかたをします。上の맛집모음であれば、「おいしいお店まとめ」という意味になります。情報サイトやブログでよく使われる言葉なので要チェックです。

 

셀피(セルピ)、셀카(セルカ)

セルフピクチャー、セルカメラの略。いわゆる自撮りですね。もはや韓国語ではないのですが、流行語なのでチェックしておきます。

 

5포 세대 (オーポセデ)& 7포 세대(チルポセデ)

日本語に直訳すると5放世代、7放世代。前者は、就職難のために恋愛、結婚、出産、マイホーム、人間関係を放棄する若者世代を指します。ここにさらに、夢や希望、職業まで放棄する若者たちが増えていることから、7放世代という言葉が生まれました。現代韓国を象徴するような新造語です。

 

노잼(ノジェム)

おもしろくないの意味。おそらく、NO+재미있다(おもしろい)の略となります。英語の「not funny!」に近い使い方をされています。

 

멘붕(メンブン)

メンタル+崩壊(붕괴=プンゲ)でメンタル崩壊すなわち「精神的に疲れた状況」を指します。「最近、メンブンなんだよね」などと使います。テレビ番組で、韓国の芸能人がよく使っていますね。열폭(ヨルポク)という言葉もあるのですが、こちらは열등감(ヨルトゥンガム)+폭발(ポクパル)で劣等感爆発という意味になります。

 

韓国語の流行語には英語が混ざったものが数多くあります。語源がたくさんあるものもあり複雑なので、なんとなくニュアンスで覚えた方が早いかもしれません。それではまた次回!

 

■関連記事

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket


お名前 ※
フリガナ ※
電話番号
メールアドレス ※
お問い合わせ内容 ※



Copyright © Pitch communications Ltd. All Rights Reserved,
当サイトに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載 をお断りします。