^

『イルボンはライバルか』著者・慎武宏さんが語る韓国人Jリーガーの系譜


Posted date:2015.07.31

電子書籍


韓国サッカーに詳しいスポーツライターの慎 武宏(シン・ムグァン)さん。電子書籍オリジナルとなる最新著書『イルボンはライバルか 韓国人Jリーガー28人の本音』では、日本でプレーした歴代コリアンJリーガーの胸中に迫っています。韓国サッカーを20年近く取材してきた慎さんに、本の内容と韓国Jリーガーの系譜についてお聞きしました。


【ニュース】2015年7月の世界各国の動き【電子書籍】


Posted date:2015.07.23

電子書籍


世界各国の電子書籍に関連する2015年7月のニュースをダイジェストでお伝えします!


【ニュース】世界各国の電子図書館の成長が著しい中、日本の電子図書館の実状は…


Posted date:2015.07.22

電子書籍


電子書籍に関する最新動向をお届けします。電子書籍を借りることができる図書館、いわゆる「電子図書館」をご存知でしょうか。現在、アメリカやシンガポールなどで急速に成長しており、利用者数が増加しています。一方で、日本の電子図書館はあまり知られていません。はたして日本の図書館にも、電子化の流れは来るのでしょうか。


【考察】電子書籍には紙本より優れた点がある【メリット】


Posted date:2015.07.17

電子書籍


電子書籍には大きな可能性があります。今回は紙の本より電子書籍が優れている点を考察。電子書籍の企画、制作、販売管理を行っているピッチコミュニケーションズのスタッフが、電子書籍の基本の”キ”から掘り下げて行きたいと思います。


【考察】電子書籍は“本”であるが“本”ではない【紙書籍との違い】


Posted date:2015.07.16

電子書籍


「本格的な拡大期に入った」と言われる2015年の日本電子書籍市場。紙と電子の決定的な差について考えてみました。電子書籍の企画、制作、販売管理を行っているピッチコミュニケーションズのスタッフが、電子書籍の基本の”キ”から掘り下げて行きたいと思います。


【韓国の電子書籍】韓国電子出版学会キム・ギテ会長が分析する「韓国電子出版ビジネスの現状と課題」③(了)


Posted date:2015.07.13

電子書籍


7月4日に行なわれた東京国際ブックフェア2015の「韓日修好50周年シンポジウム」に参加してきました。その第2部として「日韓電子出版シンポジウム」が開かれ、韓国電子出版学会のキム・ギテ(金基泰)会長の講演がありました。テーマは「韓国電子出版ビジネスの現状と課題」。キム会長の講演を軸に、計3回にわたって韓国の電子書籍事情に迫ります。(取材・文=呉承鎬)


【韓国の電子書籍】韓国電子出版学会キム・ギテ会長が分析する「韓国電子出版ビジネスの現状と課題」②


Posted date:2015.07.10

電子書籍


7月4日に行なわれた東京国際ブックフェア2015の「韓日修好50周年シンポジウム」に参加してきました。その第2部として「日韓電子出版シンポジウム」が開かれ、韓国電子出版学会のキム・ギテ(金基泰)会長の講演がありました。テーマは「韓国電子出版ビジネスの現状と課題」。キム会長の講演を軸に、計3回にわたって韓国の電子書籍事情に迫ります。(取材・文=呉承鎬)


【韓国の電子書籍】韓国電子出版学会キム・ギテ会長が分析する「韓国電子出版ビジネスの現状と課題」①


Posted date:2015.07.09

電子書籍


7月4日に行なわれた東京国際ブックフェア2015の「韓日修好50周年シンポジウム」に参加してきました。その第2部として「日韓電子出版シンポジウム」が開かれ、韓国電子出版学会のキム・ギテ(金基泰)会長の講演がありました。テーマは「韓国電子出版ビジネスの現状と課題」。キム会長の講演を軸に、計3回にわたって韓国の電子書籍事情に迫ります。(取材・文=呉承鎬)


【疑問】電子書籍ってどのくらい売れるの?【ぶっちゃけ】


Posted date:2015.07.07

電子書籍


「そもそも、電子書籍って何?」「どうやって読むの?」「どこで買うの?」最近、そんな質問を頂くことが増えました。そこで、電子書籍の企画、制作、販売管理を行っているピッチコミュニケーションズのスタッフが、電子書籍の基本の”キ”から掘り下げて行きたいと思います。


【ニュース】ドイツで電子書籍のセルフパブリッシング作家が急増


Posted date:2015.07.02

電子書籍


電子書籍に関する最新動向をお届けします。「本は魂」というドイツで電子書籍のセルフパブリッシング作家が急増しています。わずか2年後の2017年には、彼らが発表する新刊タイトルが17万5000点にも上るとの予測も出ており、注目が集まっています。


123


お名前 ※
フリガナ ※
電話番号
メールアドレス ※
お問い合わせ内容 ※



Copyright © Pitch communications Ltd. All Rights Reserved,
当サイトに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載 をお断りします。